便利グッズ

キャリフリーのチェアベルトいつから使える?使い方や口コミと携帯必須の理由

チェアベルト
あいちゃんママ
あいちゃんママ
出産後もたまには外で美味しい物を食べたい!

離乳食が始まる前までは寝ている時間も多いしその隙にベビーカーで連れ出して外で食事をすることも可能ですよね。

でも、離乳食が3回になる生後約8ヶ月頃からは、外出したらそこで離乳食を食べさせる場合もあるので、外食のハードルがグッと上がります。

なぜって、外出先の赤ちゃん用のイスって、ベルトがついていない事がすごく多いから。

ベルトがついていないと落下の危険性があるので、怖くて座らせることができませんよね。

そこで大活躍したのが「キャリフリーチェアベルト」。軽いし薄いし何よりベルトなしのイスに装着すれば安心して赤ちゃんを座らせられる!使い方も簡単。

どこにでも持ち歩く携帯必須アイテムになりました!2歳になった今でも重宝しています。

キャリフリーのチェアベルトがいつから使えるのかって?それは次の見出しを読めばわかりますよ!

キャリフリーのチェアベルトってどんなもの?いつからいつまで使える?

出典:日本エイテックス公式ページより

キャリフリーチェアベルト詳細情報
使用できる月齢 腰がすわって〜3歳くらい
サイズ タテ48×ヨコ50cm 胴回り~105cm

サポートベルト60cm~130cm(円周)

重さ 約105g
素材 柄部分 綿100% 無地部分 ポリエステル100%
原産国 日本製

キャリフリーチェアベルトは、腰がすわったくらいから3歳くらいまで使うことができる、大人用のイスなどに取り付けられる、おすわり補助ベルトのことです。

外出先でベビーチェアがない場合や、ベルトなしハイチェアーなどでもキャリフリーチェアベルトを付けることで赤ちゃんを1人で座らせることができます。

イスだけではなくママの腰につけることも出来ますよ!

ベルトの長さを調節してイスの背もたれやママの腰に固定し、バックルで簡単に装着することができます。

軽くてコンパクト、薄くてペラペラなので持ち運びに便利。バッグに入れても邪魔になりません。

キャリフリーのチェアベルト便利で使える良いところ4つ!

では、実際にキャリフリーのチェアベルトはどんなところが良いのか解説していきますね!

軽くて薄いから携帯に便利

薄い!

重さはわずか105g。ペラペラです。

外出の際は必ず持ち歩くほどになりました。

ちなみにわたしはクルクルっと丸めてコンビニのビニール袋に入れて持ち歩いています(笑)

500mlのペットボトルよりも小さい!

かさばることもないし、重さもほとんど感じないので、このコンパクトさで良いパフォーマンスをしてくれています。

装着が簡単

装着方法はとっても簡単!

背面からベルトをつける時

サポートベルト(イスの背もたれに固定するためのベルト)を椅子の背もたれに装着する

(イスの背もたれは大きいほどベルトがズレなくて良いです!)

子どもを椅子に座らせる

お昼寝中のためぬいぐるみですみません(^^;)

両脇のサイドバックルを止めて、子どもの体に合わせる

この部分を調整してきつくしたりゆるくしたりします

 

以上です!

ベルトの長さ調節も簡単ですが、子どもが簡単にベルトの長さを変えたりバックルを外したりすることはできないので、安心です。

汚れたら丸洗いできるから清潔

素材が洗いやすく乾きやすいため、少しの汚れは手洗いでも良いですが、洗濯ネットに入れて洗濯機で丸洗いすることもできます。

あっという間に乾いてしまうので、夜洗えば次の日の朝には乾いていますよ!

カラーバリエーションが豊富

展開カラーが10色あるからオシャレさんにも選びやすい!

ベーシックな色から明るめのカラーまで展開しており、時期によって柄物が新しく出ていたりします。

出典:日本エイテックス公式ページより

キャリフリーのチェアベルトが便利だけど使っていると気になる点

では、キャリフリーチェアベルトを実際に使ってみて気になっている部分を正直にお伝えしますね。

装着がしっかりできないとホールドできない

背中の部分がゆるゆるなのわかるでしょうか?

普通の椅子を簡易の子供用にするにはとても便利なのですが、椅子の背もたれが小さい場合など、しっかり装着出来ない時は布がずれてまるで補助になりません。

そうすると、お腹全体を抑えておきたいのに、腰骨のあたりで引っかかっているだけになってしまいます。

これぐらいしっかり背もたれがあると固定しやすいです

1歳3〜4ヶ月くらいになってくると、動きがどんどん活発になってくるので、しっかり装着出来ていないと付けている意味がまったくなくなってしまうことも・・・。

使い方としては、あくまで補助的なものと考えた方が良いかもしれませんが、一時しのぎには十分なります。

持ち運びもタオル一枚分よりコンパクトなので、値段から考えると十分コストパフォーマンスはいいと言えますよ!

気を付けないと偽物をつかまされてしまう・・・

キャリフリーチェアベルトを購入する際は偽物が多く出回っているので注意が必要です。

偽造品は安全性などが正規品の基準を満たしていない場合があります。赤ちゃんの安全性を確保するために、必ず正規品を購入しましょう。

購入の際は、メーカー名や商品名を必ず確認してください。

本物は、メーカー名「日本エイテックス」商品名「キャリフリーチェアベルト」と記載されています。

製造国も「日本」になっているか確認が必要です。

偽物はパッケージも見た目もすごく似ていますが、真ん中についているブランドのタグが違う場合が多いようです。

本物は「CARRY FREE」の文字があるのに対して、偽物は「TAFT TOYS」などの文字になっています。

本物のロゴはこちらで確認してください

偽物を販売している場合は製造国や商品名、メーカー名の記載がない場合が多く、記載があっても正規品とは違った記載になっているのでよく確認してから購入してください。

キャリフリーのチェアベルトは携帯必須の便利アイテム!実際に使った口コミ

実際にキャリフリーを使ってみた人たちの口コミのツイッターを紹介します!

キャリフリーのチェアベルトいつから使える?使い方や口コミと携帯必須の理由まとめ

離乳食が始まった当初は大人しくイスに座ってくれていたとしても、1歳前後になると、固定用のベルトがないと危なくてイスに座らせられないということが多々ありますよね。

それでも、どうしても外出しなくてはならない事もあるでしょうし、お母さんのリフレッシュのために外で一緒に食事をする機会も多くあると思います。

予想外の子どもの動きにヒヤッとすることが少しでも減るようにするには、補助ベルトの存在はとても大きいと思います。

「キャリフリーチェアベルト」は1人座りができるようになった0歳児から重宝するアイテムです。

外出先で食事する際の心配事をひとつ減らすことができるアイテムとなることと思いますよ!

こちらの記事も読まれています